万年筆(インクカートリッジ式)中字 @100均 ダイソー

   2016/06/02

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆

アイデアなどを書きとめる時、お気に入りのペンで描けばさらにサラサラっとアイデアが出てくることがありますよね!万年筆が売っていたので試に購入してみました。100均万年筆ってどんなもんかな?

製品:
万年筆 インクカートリッジ式 中字

購入情報

  • 購入店舗:ダイソー
  • 購入価格:100円(税別)
  • 購入時期:2015年12月

製品情報

  • 商品名:万年筆 インクカートリッジ式 中字
  • 寸法等:中字
  • 材質等:万年筆…鉄、銅、アクリル。インク…ポリプロピレン、染料、水
  • 販売元:株式会社 大創産業
  • 生産国:中国
  • その他:インクカートリッジ付きで色はブルーブラックです。

妄想:
万年筆でさらさらっとアイデアをメモってみたいな

アイデアをノートに書き留める時、よく筆ペンを使っています。なんとなく書き心地がいいのとコントラストが高いため、書いたことが頭の中にビシビシっと入ってくる気がするからです。

もしかしたら万年筆なんかもとても気持ちいいんじゃないかなぁ、なんて思い、試に購入してみました。

写真:
もう買わないかも…

ブルーの台紙が何気に高級感

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
パッケージはブルーの台紙で落ち着いた感じがちょっとだけ高級感を出しており、他の100均文具とは違うオーラを出しています。

カートリッジ式で使い捨てじゃないよ

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
インクはカートリッジ式ということで、インクが無くなったら新しいインクカートリッジに差し替えれば使い続けられるということで経済的でエコです。

ワンランク上の書き味

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
何に対してワンランク上なのかはわかりませんが、恐らく、100均で売っている他の筆記用具と比較して、ということではないかと思います。

インクカートリッジ付き、色はブルーブラック

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
ブルーブラックのインクカートリッジが1つ付属しています。

パッケージ裏面には使用方法や保管方法等

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
パッケージ裏側には、使用方法、保管方法、使用上の注意が書かれています。

使用方法は万年筆の胴軸をはずしてカートリッジを装填

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
使用する前に胴軸を外してカートリッジをペン先側に差し込む必要があります。カートリッジの細くなった方がペン先側になります。

保管時はキャップを締めて

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
この商品に限らず、万年筆を保管する時はキャップを締める必要があります。

ダイソープライベートブランド、中国製

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
ダイソーのプライベートブランドで中国製です。

ちょっと高級感のある万年筆

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
100均の割には高級感があります。

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
なかなかいいホワイトです。

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
メッキパーツは無い方がもっとよかったかも。

それではインクカートリッジ装填

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
インクカートリッジは万年筆本体の中に入っていました。

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
インクカートリッジは細くなっている方がペン先側になります。

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
ここにインクカートリッジを突き刺すわけですね!むむ~っと力を入れてみるものの、全く入っていく気配がありません。パイロットとかならパクっという感じで入るのですが…。(2016/06/02:「そもそもカートリッジが入らなくて困った」というところをが伝わりにくかったので、この付近の文章追記修正しました)。

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
乱暴ですがカートリッジが入らないことには始まらないので、もうちょっと力が入る感じで狙いを定めて…

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
グイグイっと…

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
あれ?

百均浪漫◆インクカートリッジ式万年筆
さようなら…。

所感:
うーん。

今回はノーコメントで…。「お買い得」というタグの反語で「銭失い」とか「お気の毒」なんてのを作ろうかなぁ。

品質にバラつきがあるかもしれないので、今回は縁が無かったのかもしれません。

 

2016/06/02 追記:いくつかコメントを頂いているので説明を追加します。カートリッジ式の万年筆の使用経験はありますので、力加減そのものはわかっているつもりなのですが、本製品、どうにもカートリッジが万年筆本体に刺さってくれませんでした。

破損状況からお察しして頂いているかと思いますが、最終的にはインクカートリッジが倒れてしまったのはミスです。しかし、ご理解いただきたいのは、それ以前に、本体とカートリッジをそれぞれの手で支えて刺し込もうとしても、カートリッジが本体にまったく刺さらなかったことです。ジワっとやったつもりで、いきなりガツンとやったわけではありません。もしかしたらカートリッジ側の品質問題なのかもしれません。

ネットでは「なかなかいいよ~」という情報をよく見かけるのですが、縁が無かったんだなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    残念でしたね。
    でも机を支えにすると力加減や、無理な角度とかが判らなくなるので危険です。
    例えば腕時計のピン抜きとかも含めキツイ勘合物を相手にする時は極力指の感覚で扱うべきでしたね。

    • SiSO より:

      匿名さん>
      コメントありがとうございます。そうですね…。説明に「ペン先を上に向けて」とあったので、こんな感じでやればいいと理解したのですが、何かが間違っていたのか…。現在、他の万年筆を使っていますが(200円ぐらいの)、その製品はもっとスムーズでした。もっと100均商品を扱っているという注意力が必要だったかもですね。

  2. 匿名 より:

    これで銭失いとかお気の毒では
    いくら100円万年筆でも可哀想ですよ。
    これやったらウン万円のモンブランでも
    簡単に壊れかねません。

    • SiSO より:

      匿名さん>
      コメントありがとうございます。記事を改めて読み直すとお伝えしたいことが1つ伝えられていませんでした。パイロットぐらいでしたら万年筆は使用経験があるのですが、それらと比較してインクカートリッジを通す力が尋常ではなかったということです。もちろん、力をとても入れること自身、あまり普通でないこともわかります。記事は少し加筆することにします。

  3. 匿名希望 より:

    カートリッジの差し込み部分に微妙な段差がありますがそれ以上差し込みますと
    軸割れが起きますので注意が必要です、
    写真で見るとカートリッジの先端部と段差までの長さ8㎜かと思います
    カートリッジ万年筆-10、の先端部と段差までの長さ9.5mmですので
    先端部が底部に密着しますので軸割れやインク漏れが起きにくいと思います
    私は事前に竹串等で事前にカートリッジの差し込み部に穴をあけ装着しております

     体験者より

    • SiSO より:

      匿名希望さん>
      コメントありがとうございます。竹串で事前にカートリッジの差し込み部に穴をあけておくのは、確実に差し込むことができてよさそうですね!この万年筆は2本購入し、2本目の方は問題なく使えており、なんとなくカートリッジの品質にばらつきがあるのかな、と感じています。先に穴(へこみぐらいでもいいかもしれませんが)を開けておけば、そのばらつきを吸収して、末永く使えそうです。安い万年筆ですが、サラサラっと書く気分は十分に堪能できる筆記具ですよね!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。


*